Wifiの定額制で気をつけておくポイント

Wifiの定額制では、使用料金が固定される代わりに使える容量が大きくなるというメリットが生じることが多いです。

定額支払うことで容量制限を大きくして、通信速度の遅延を無くすというメリットが生まれます。元々、Wifiというのは通信容量に制限を設けて提供しているサービスです。10GB使うのならばその範囲だけを使えるようにし、その代わりに料金プランを小さくして提供することで多くのユーザーを集めてきました。

しかし、容量を超えてしまうと通信速度にペナルティが発声してまともなネットライフを体感することができなくなるという難点も存在します。定額プランでは、こうしたWifiの難点を改善してくれる可能性が高いです。中には無制限で利用できるプランも存在しますので、非常に使いやすい事実に違いはありません。しかし、無制限の定額プランとはいっても一つだけ落とし穴があります。

それは、短期集中的に利用してしまうと定額であってもすぐに速度制限のペナルティを受けてしまう可能性が出てきてしまうことです。通信業者の多くは、回線が局所的にならないように長期的に回線を利用することを望んでいます。回線に負担がかかると全体の遅延に繋がるからです。

そのため、短期集中的に回線を大容量で利用し続けるユーザーに対してペナルティを設ける仕様を採用しています。具体的には、3日間で10GB以上の容量を使うなどを行ったときには、少額プランと同様のペナルティが発生する可能性があるため注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *