Wifi機能で高速通信が実現

スマートフォンではすべての端末でWifi機能を使って、高速通信を行えます。

ワイファイ機能を使えば無線でインターネット通信ができるようになります。そのため無線LANとも呼ばれています。一般的にパソコンでインターネットに接続する際、モデムやルーターと呼ばれる機器のケーブルをパソコンに繋ぎます。光やADSLなどの高速通信を利用すれば、動画コンテンツやPCサイトを快適に閲覧可能です。

ただスマートフォンはパソコンのような入力端子が用意されていません。しかしWifi機能を使って無線通信を行えば、高速通信を実現します。どれくらい高速かというと3G回線と呼ばれる携帯電話の通信サービスと比較した場合、約7・5倍のスピードでインターネットに接続できます。3G回線で動画コンテンツを見ていると、状況によっては再生が途切れてしまうことがあります。

しかしWifi機能を使えば快適に動画を閲覧することができますし、ウェブサイトを見るにしてもページが完全に表示されるまでの時間を短縮できます。自宅でこの機能を使う場合には、ブロードバンド環境とWifiルーターという機器が必要になります。

ルーターは安いものであれば4000円程度で販売されています。またインターネットプロバイダーがこの機能を使うための、オプションサービスを提供していることもあります。すでにブロードバンド環境が整っている人は、スマートフォンの購入を機にWifiルーターを導入してみるといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *