ユニットバスが浴室リフォームで人気

浴室リフォームには、在来工法とユニットバスの2種類があります。在来工法は、昔からあるタイルを張ったお風呂で、自由度があり自分好みの浴室を作ることができるというメリットがあります。特に、ヒノキ風呂やガラス張りのお風呂、露天風呂などこだわりがあるという人には、在来工法がおすすめです。ただ、在来工法は、工事期間が長く、費用もかかるというデメリットがあるため、新築時には在来工法で作り、リフォームはユニットバスを選択するという人も少なくありません。

ユニットバスは、壁や床、浴槽などの部材がセットになった、規格品のお風呂のことで、工場であらかじめ部材は作成し、現場で組み立てていくという方法をとるため、工期も短く、予算に合わせて商品を選ぶことができ、抗菌性や防水性にすぐれていますから、毎日のお手入れを軽減するメリットがあります。また、現在生産されているユニットバスは、バリアフリー性にも配慮されて設計されていますし、壁や天井、床の裏側まで張り巡らされた断熱材によって、冬でもお湯がさめにくく、温かいお風呂にすることができます。浴室リフォームで人気のユニットバスですが、デメリットとして、設置スペースに全体がおさまらないと、設置することができませんから、事前にスペースにおさまるかどうかを検討する必要があります。また、部材の後付けができなかったり、特注の商品には対応していない場合もありますから、どうしても浴室をこだわりたいという場合には、在来工法を選んだ方が良い場合もあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です