蛇口の漏れを修理する方法

蛇口の漏れを修理する場合にはどこが問題なのかをチェックする必要があります。内部のパッキンが劣化したために水が滴ってくるという場合には、交換をする必要があります。交換用のパッキンはホームセンターでも売られているので、サイズを確認して買いに行くと手に入れることが出来ることが多いです。とはいえパッキンの種類はいくつもあり、1つの水道にいくつものタイプのものが使われているのが一般的です。

蛇口の漏れを修理する場合には、正しいものを使用しなくてはならない点には注意が必要となります。蛇口の漏れを修理する場合には、大抵様々な工具が必要になります。ナットを緩めたり閉めたりするモンキーレンチやハンドルを調整するためのドライバー、部品を外すのに使用するピンセットや水栓レンチなどが必要です。もし自分で直そうと思ったら、工具を持っていない場合には購入するなどして用意しなくてはなりません。

DIYが好きな人であれば楽しみながら揃えたりできるかも知れませんが、そうでないと面倒に思われたりすることもあるでしょう。また蛇口の漏れを修理する場合にはあらかじめ止水栓を閉めて、水が流れないようにしておこないます。止水栓は、水道のメーターがあるところの側に設置されていることが多いです。もしうっかり忘れたまま作業をしてしまうと、水浸しになるため注意が必要です。

このように面倒な蛇口の漏れを修理は自分でもできますが、工事店に依頼して直してもらうこともできます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です