トイレのつまりと漏れの原因と対処法

トイレが使えない状態では衛生的な暮らしはできません。使えない状態というのは、具体的には「つまり」や「漏れ」のことを指しますが、それぞれ原因は一つではありません。使い方や使用年数など、複数の要因が重なって引き起こされることが多いので、つまりや漏れが起こった場合は原因を考えてから行動に移す方が賢いといえます。つまりの原因となるのは、トイレットペーパーの使い過ぎが圧倒的に多いです。

便器内の排水口は広く見えるため、ある程度の量なら流れてくれるだろうと過信しがちです。意外と知られていないのですが、排水口のすぐ奥の排水管はS字カーブになっており、汚物やトイレットペーパーがつまりやすくなっています。また、漏れについては経年劣化がほとんどです。給水管同士をつなぐパッキンが傷んでしまったり、温水洗浄便座の部品が劣化してしまったりと、原因を探ることが難しいことがあります。

しかしながら、自分の手で修理ができないこともなく、故障の度合いによっては割とすぐに自己解決できることも多いです。つまりの場合は時間を置くとすんなり流れてくれることがありますし、漏れではバルブやナットを締めるだけで漏れが止まることもあります。それを行うにも最低限のトイレの仕組みは知っておきたいところであり、DIYに慣れている人の方が良いといえます。もし、自分では修理ができないと思った場合は、すぐにトイレメーカーに電話をして修理を依頼するか、地域に密着した水道会社に依頼することをおすすめします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です