トイレのつまりと漏れは専門業者に依頼しよう

トイレは毎日の生活で必ず使用します。水の流れが悪くて溢れる、漏れているということであれば早めの対処が必要です。トイレの水トラブルでよく知られているのが流れにくい、溢れるなどです。原因はつまりや水の勢いにあることが考えられ、つまりをおこしているもので対処が異なります。

つまりの原因として考えられるのが一度に大量のトイレットペーパーを流した、誤って異物を流したなどです。トイレットペーパーの場合はラバーカップを使って水圧をかけてやれば細かく分解されて流れていくので、ゴボゴボと水の流れる音がする、水面が下がったということであれば解決です。つまりの原因が異物であれば自分で対処するのは難しいです。無理にとろうとしたり押し流そうとすると配管に傷を付けてしまうこともあるので、専門の業者に依頼した方がよいです。

水漏れもトイレに関するトラブルのひとつです。いつまでたっても手洗い用の水が止らない、便器の周りから水が漏れているという状態です。このような状況になったらすぐに止水栓を閉めて専門の業者に修理を依頼します。止水栓は周辺の壁についているので早々に締めることで水が漏れるのを防ぎ無駄な水道料の発生を抑えることができます。

もし分からない場合は水道メーターの元栓を閉めてから止水栓を探すとよいです。手洗い用の水が止らない場合は、原因として考えられるのがタンク内の部品の劣化や故障です。故障や劣化した部品を取り替える必要がありますが、最近はタンクのない商品もあり配線が複雑なタイプもあるのでむやみに触らず修理を依頼した方がよいです。集合住宅に住んでいる人は階下に水が漏れることでトラブルの原因になることもあるので注意が必要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です