マンションで雨漏りが発生したらどうする?

マンションで雨漏りが起こってしまうと一体誰に修理を依頼すればよいのか、費用は誰が負担するのかなどわからないことだらけで不安になってしまいます。一般に賃貸マンションのような集合住宅の場合は貸主は借主に対してきちんと生活することのできる住居を提供しなければならない義務があります。したがって雨漏りの発生は普通に生活することができないとみなされ貸主が修繕費用を負担することになります。また賃貸以外のマンションの場合は専有部分と共有部分で責任が変わってきます。

屋上などからの雨漏りの場合はマンションの共有部分になりますので管理組合が修繕のための費用を負担することになります。しかし室内の天井にシミなどが生じてしまった場合には専有部分になりますので家主の責任となることが多いです。とはいえ誰が責任を負い賠償していくのか不明瞭となるケースも多いため、あらかじめ契約時に書面で確認しておくことはもちろん、日々のメンテナンスは欠かさずに行うようにするとよいでしょう。そして実際に雨漏りが起こってしまったら慌てずにバケツなどで水を受け止めておき、すぐに管理会社に連絡を入れるようにしましょう。

賃貸マンションの場合は管理会社から貸主に連絡してくれて必要な業者の手配を代行してくれます。そして専門業者により雨漏りの修繕が終了したら家主は一時的に修繕費用を立て替えておき後ほど管理会社もしくは貸主に請求するようにしましょう。水のトラブルのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です