マンションの雨漏りは原因を明確にすることが重要

マンションで雨漏りがするという場合には、その原因を突き止めることが非常に重要です。マンションの雨漏りには様々な原因が考えられる為です。特に最上階の部屋で天井から水が落ちてきた場合には、屋上に原因が有る事が考えられますが、家に人が住んでいる部屋が有る場合には、家の階からの漏水の恐れもあります。又、水道管や下水管が破損したことによるものである場合も有るので、まずは原因を明確にすることが最も重要になります。

その原因により、責任の所在や損害の賠償の有無が異なってくることが考えられる為です。マンションの場合には専有部分と共有部分が存在します。このうち、専有部分の問題で雨漏りが発生した場合には、損害保険が適用されることが多く、その部分を修理することができます。例えば自分の部屋の水漏れが原因で下の階に損害を与えた場合には、下の階の損害を損害保険で賠償することになります。

しかし、屋上などの問題により雨漏りが発生した場合には、共有部分の問題が原因となるため、マンションの管理組合の責任となります。この場合、管理組合が損害保険などに加入していないケースが多いため、損害賠償がされない、という可能性も少なくないのです。基本的には共用部分の責任は管理組合にありますが、管理組合の規定によっては、専有部分の損害に関しては自己負担となっているケースが多く、この場合には自分で修理を行わなければならないことになるので注意が必要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です