マンションの雨漏りの検査は

マンションは新築して20年も経過すると、あちこちが傷んだり劣化したりして様々な問題が生じます。マンションにとって厄介な問題の一つに雨漏りがあります。特に鉄筋コンクリート構造のマンションの場合は、室内に雨漏りの症状が出たからその外部から雨漏りしているとは限りません。鉄筋コンクリート構造の場合は、侵入した雨水はコンクリートの弱い部分を伝わってとんでもない所に出る場合もあるのです。

雨漏り部分を調査するには天井裏や壁面内部を調査して、雨水の流れた跡や濡れた部分を探しだして原因を探し出さなければなりません。壁面の場合は壁にひび割れや欠落部分があったりするので比較的探し出しやすいですが、防水処理をした屋上などは原因を探し出すのに苦労をします。原因調査の簡単な方法としては、水下部分からいくつかの区画に区切って一区画ずつ散水をしてゆきます。もう一人が天井裏の雨漏れ部分で水の出てくるのも待って、水滴が出た時に散水した部分が原因場所と判断できます。

ただ一区画ずつの散水は時間を空けてするようにしましょう。最近は特殊な液体を散布して場所を探し出す専門業者もいるので、判断が難しい場合はこの様なプロにお願いするのも一つの方法です。ただマンションの防水工事は新築時に保証期間を定めた保証書出しているはずですので、この保証書を確認して保証期間内であれば防水工事会社や元請け会社に連絡して、完璧に雨漏れを止めてもらうように要請する事です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です