マンションの雨漏りの原因と対処

雨漏りは建物の内部に雨が入ってくることを言います。基本的に建築物は内部に雨が入ってこないよう設計されています。しかし、屋根や壁の劣化や施工不良などが原因で雨漏りは起こります。建築物の中に雨が入ってくると建物の劣化が進んだり耐久性が低下します。

このため見つけ次第早めに対処する必要があります。特にマンションの場合は多くの人に不安を与えたり、甚大に繋がることもあるので注意が必要です。マンションの雨漏りの原因はほとんどが建物の老朽化です。建物の築年数が増え、窓の隙間、外壁のひび割れ、屋根や壁のコーキング材のはがれなどが原因で起こります。

見つけ次第管理人や管理会社に報告する必要があります。マンションなどの集合住宅は勝手に修理をしてはいけないからです。早めに報告し、専門家に診てもらうことが懸命です。雨漏りだと思っても実は配管の損傷が原因である可能性もあります。

専門家のきちんとした調査が必要です。原因がわかれば修理、補修や壁や屋根の塗り替えなどで対処します。また雨漏りが起こらないように定期的に点検をする必要があります。マンションなどの集合住宅は法定で点検が定められています。

定期的に補修や点検を実施し、建物の耐久性を向上し、安全性を維持させる義務があります。住んでいる人も気をつけなければいけません。バルコニーに藻などが繁殖していないか、サッシに隙間がないか、常に異常が起きていないかをチェックする必要があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です