マンションで雨漏りが発生してしまったら

雨漏りというと、戸建て住宅で発生するイメージが強いですが、意外とマンションの雨漏りで子なっている方は多いものです。一戸建て住宅の雨漏りの原因が屋根材の破損が主なものであるのに対して、マンションの場合はいくつかの要因があります。ひとつが給水管や排水管が破損してしまうこと。天井と上の階の床の間には給水管や排水管などの管路が張り巡らされていますが、これらが破損し水漏れし、天井からしみだしてきてしまうのです。

また、建物の老朽化も原因になります。外壁材が老朽化し、内部に雨水がしみこんでしまうようになると、建物内部のヒビなどを伝って部屋までその雨水が侵入してきてしまいます。さらに、上の階でお風呂の水を出しっぱなしにするなどして水が床にあふれてしまったような場合にも、下の階で雨漏りが発生することがあります。も住んでいる部屋がし雨漏りに見舞われたら、まずはその原因を特定することが必要です。

もっとも、素人では原因がわからないことが多いので、マンションの管理人や管理会社に問い合わせるのがおすすめです。修理する場合の費用は、共用部分の管路の破損や建物の老朽化が原因の場合は共益費で負担してもらうことができますが、自分の所有となっている管路が原因である場合や、自分の過失によって下の階の部屋に被害を与えた場合にはその修理費用と損害を賠償する責任を負います。いずれにせよ、もっとも重要なのは原因を速やかに特定することであり、その後の修理は管理会社等と協議して決めていくこととなります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です