マンションの雨漏りについて

マンションも雨漏りを起こすことがあります。マンションで一番多いトラブルは水漏れですが、これを雨漏りと間違えて報告する例も見られます。この場合は不注意で水を出し放しにしたり、トイレにものが詰まった等のトラブルを原因とする場合も多いものですが被害が最小限に食い止められることもあります。又、階上の給排水管の老化や腐食などが原因の場合もあり、すぐには原因を特定できないケースもあります。

しかし雨漏りの場合にはその場所はサッシの隙間から起こることも多いとされ、これはサッシ回りのコーキングが長い年月の間に次第に劣化して行って収縮した結果隙間があいてそこから雨水が浸入するとされています。最近は集中豪雨や暴風雨などが多くなって来ていて、換気扇の隙間や室内のエアコンから外部へ配管が出る場所で、そのコーキングが劣化し、同じく収縮して隙間から浸入する場合もあります。屋上は余り点検されないようですが排水ドレーンにビニールや木の葉、ゴミが詰まっている場合に雨水が多く溜まり防水層が切れているところがあるとそこから雨漏りを起こす場合もあります。もしこのような事態になった場合には一刻も早く報告して、被害が広がらないうちに修理を行うようにすることが大切です。

それと日々の保守管理も大切で屋上なども定期的に点検を行うことで被害を防ぐことが出来ます。マンションにおいては家主は火災保険に加入することはこういう面から見ても大切なことでもあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です