雨漏りに気づいた理由は湿り気

我が家は築年数が40年近く経っています。これまで大したリフォームはしていません。壊れたらしようという感じで過ごしてきました。そんな時に雨漏りに気付いたのです。

その理由は湿り気でした。ある時、床が湿っていたので、家族の誰かが水をこぼしたのだろうと聞いてみたところ、誰もこぼしていなかったのです。不思議に思い、その場を観察していたら、天井からポタポタと雫が落ちてきていたのでした。その日は快晴で雨も降っていません。

なぜ天井から水がこぼれてくるのか、これは前日の雨の影響だったのだと思います。天井裏にのぼって確かめたかったのですが、さすがに素人には難しいものがあります。とりあえず、少量だったので床に雑巾を敷き詰めておきました。次にこれはひどいと思ったのは、大雨が降った時です。

さすがにこれはどうしようもありませんでした。バケツを床に置かないといけないほどの雨漏りの量だったのです。仕方がないので、翌日には修理業者を呼ぶことになりました。天井裏にのぼってもらい、修繕箇所を調べてもらったところ、かなり劣化しているということが分かりました。

すぐに修繕をしてもらい、次に雨が降っても万全な状態になってホッとしたものです。それからついでに他の部分も見てもらいました。築年数40年ともなると、いろいろなところにガタがきています。これから雨漏りしそうだという箇所もいくつか見つかったので、予防として修繕することになったのは言うまでもありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です