雨漏りは早期に修理しましょう

雨が降ると雨漏りがして嫌だななんて方もいるのではないでしょうか。家の中が濡れるのは気分的に嫌なものです。ですが、それよりも雨が漏れてくる状態をそのままにしておくと家にとっても良くありませんし、人にもいい影響をあたえるものではありません。雨が漏れてくるということは、天井や壁、サッシなどから雨が侵入してきて雨が伝ってその場に染み出してきているということです。

どこかから伝わって来ているということは、家の内部や建材も水で濡れているということになります。建材が水に濡れると水分を含み木材なら腐敗が進みますし、金属ならサビを生じさせます。雨が降るたびにこのようなことが繰り返されることになるので、修理をせずに放置していると家の強度は失われていきます。また、木材が水分を含むとシロアリが集まってくる可能性も否定できません。

シロアリは湿気を好み木材腐朽菌の繁殖しているところに好んで棲家を作ります。これらは、家の耐震性を大きく損なうものです。また、雨漏りを放置していることは人の健康にとっても良くありません。雨水が住居に侵入してくると、湿度が高くなりカビの発生の原因となります。

また、湿気が多いとダニが繁殖します。カビやダニは喘息やアレルギーの原因となる菌です。ですので、雨漏りをしている場合は大切な家と自分と家族の健康を守るために、できるだけ早く原因の箇所を修理するようにしましょう。修理を請け負っている業者は数多くありますので、まずは一度相談をしてみてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です