雨漏りが及ぼす住宅への影響

雨や台風の時になって初めて気付くのが住宅の雨漏りです。雨漏りが生じるとどのような影響が出てくるのでしょうか。目に見えて実害がない様に思えますが、住宅にはかなりのダメージが加わっています。雨水は屋根瓦をつたって柱や梁などすき間が出来た箇所を流れていきます。

雨が上がっても湿度が高いままだと木造部分の侵食が進み、建物自体に影響が及んでしまいます。最悪の場合、地震に対して脆弱になってしまい、倒壊させる危険性があります。湿度が高い状態のままだと住宅の大敵であるシロアリを発生させる原因ともなります。シロアリが発生すれば建物の耐久性は短くなってしまいます。

また湿気が原因でカビが発生すると、健康にも悪影響を与えます。カビは皮膚や気管支にアレルギーを起こす原因になります。食事や運動に気を遣っていても、家がカビの温床では折角の努力が無駄になってしまいます。建物に雨水が漏れている箇所を発見したら放っておかず、早めに修理を行いましょう。

早めに業者に診断してもらうことで工賃も安く済みますし、修理時間も短く出来ます。業者を選ぶ際には雨漏りに精通している業者を選びましょう。なぜかというと原因の特定が難しく、例え一時的に修繕してもらえたとしても再度同じ事が起こってしまう可能性が高いからです。手間はかかりますが、見積もりや屋根の診断を地元に密着している複数の業者に出してもらい、最適だと判断した業者に頼むといいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です