家族で暮らす実家で起きた雨漏りに対処した経験

両親と兄夫婦が暮らしている実家は私が生まれる前に建てた古い造りなので建材の傷みが進んでいるのが以前から気になっていました。窓の立て付けが悪くなっているなど、様々な劣化に見舞われていましたが生活に直接の影響が無かったこともあり、特に対処せずそのまま放置していました。その結果、建材の傷みが進んでいたことを見逃してしまい、大雨が降った際に雨漏りに見舞われてしまいました。当初は室内で水をこぼしたと誤解していましたが、天井に黒いシミが出来ていたことや、雨が降った後にだけ水たまりがあることから兄が天井裏を覗き、梁が腐食しているのを見つけてようやく雨漏りが生じていることに気づくことが出来ました。

当時は一人暮らしをしていた私が実家に呼ばれ、兄夫婦と一緒になって屋根の修繕を行うように両親を説得することになりました。当初は費用の関係から渋っていた両親も、水濡れによる建材の傷みが家の倒壊に繋がることを兄から聞かされたことでようやく同意してくれました。両親が市内にあるリフォーム業者へ屋根の修繕を依頼した際も兄が立ち会い、快適な居住性が維持出来るように作業内容を逐一確認してくれたのがとても有難い点でした。また、建物の保持についての知識も豊富だった兄は、修繕工事が終わった後も良好な状態が長く続くように定期的に屋根裏の検査を行う習慣を持つようになりました。

現在では私も実家で暮らしていることから、家族全員が分担して住処の居心地を良い状態に保つことを心がけています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です