雨漏りは放っておかないこと

雨漏りを雨水が室内に染み出して、というだけに安易に考えていては危険です。発見したらすぐに対策をしてください。放っておくと二次被害の危険性があります。雨漏りで室内のものが濡れると、家電など使えなくなるのはもちろん、雨水という汚い水で汚れているのですから寝具やソファも使えなくなってしまいます。

それらの再調達費用はどのくらいまでなるでしょうか。家電が使えなくなるのはまだましな方。ブレーカーやコードが濡れることで漏電を引き起こし、漏電火災や感電してしまう危険性も出てきます。雨漏りは健康的被害ももたらします。

湿気が多い環境だとカビを発生させやすいのです。カビは感染症・アレルギーやシックハウス症候群を誘発することもあります。悪臭もひどくなります。濡れた家はカビだけでなくシロアリたちにとっても好物です。

家屋倒壊の要因にもなってしまいます。さまざまな被害が出ても保険で対処すればよいと思っていませんか。何らかのサインが出ていながらにして放っておいたのでしたら、自然な老朽化や経年劣化とみなされて保険支払いの対象外となってしまいます。そうなると家具や家電の購入やシロアリ対策などすべて実費で支払わなければならなくなります。

病気になったなら通院費用もかかってきます。建物が倒壊してしまったらまた一から家を建てるところから始めなければなりません。莫大なお金がかかり、死の危険性も出てくる。だからこそ雨漏りは放っておいてはいけないのです。

水漏れトラブルの修理のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です