雨漏りした時の応急措置

長時間において雨漏りを放置してしまうと、最悪の場合を想定すると屋根が崩落してしまい家屋全体が崩落することがあります。また、屋根が全体に雨水が染み渡ってしまい大量のカビが発生することもあり、そのような場合は深刻な病気等を引き起こすことも懸念されます。。特に小さなお子様がいらっしゃるご家庭では予期せぬ健康被害が起きうる事もあるので注意が必要になります。まず、雨漏りの応急処置をする場合には天井や屋根裏から行なう方法もありますが、その方法では危険が伴うばかりかあまり効果がないことが多いです。きちんとした応急処置を行なう場合には、当然ですが屋根の上に上らなければなりません。屋根に上る時ですが、ほとんどの場合において雨どいの部分にも梯子が掛けることが出来ますので、雨どいが割れたりしないように注意しながら位置を決めることが重要です。

また、梯子が不安定にならないように雨どいを支持するための金具と梯子の上の部分を紐で縛る等の処置をすることで固定されて不安定な要素を取り除くことができます。雨漏りの応急処置にいくつかの方法があり、最も代表的なのはブルーシートを被せる方法です。用意するものはブルーシートの他には土嚢袋やウォーターバッグがあります。そして、雨漏り部分にブルーシートを被せた後に土嚢袋やテープなどでブルーシートを固定します。

また簡易的な応急措置として代表的なのは家庭用の粘着テープや防水テープを張る方法になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です