雨漏りが起こったときにすべきこと

毎日生活を送る家で雨漏りが起こると大変です。雨が漏れてきた部分はもちろんですが、落ちてきた雨水がたまった床が腐ってしまうなどの2次被害を引き起こしかねません。雨が漏れているところを発見したらすぐに行動に移すことが必要となってきます。まず、雨が漏れている部分に応急処置をしましょう。

壁であればビニールで覆い部屋に入る水の量を減らしたり、天井であれば床に置けを置いて水が広がらないようにします。次にざっと原因を把握しましょう。原因が分かっていないと修理を依頼するときに上手く説明できない可能性があります。家で雨漏りが起こる主な原因は屋根の瓦がズレたことによるものや外壁にヒビが入り壁から雨が染みこんでくるものが多いです。

原因が確認できたら無理に修理を行わず修理業者に依頼をしましょう。雨漏りが起こったときに大切なことは素早い行動とプロに修理を依頼するということです。なかには自分自身で直すことができるという方もいるかもしれませんが、部屋にまで雨が漏れているということは天井の内側や壁の内側に水が染みこみ、そこから腐食が始まっているかもしれません。見た目がきれいに直っても内部では雨漏りによる被害が進行しているかもしれないので、一度専門の修理業者に見てもらうと良いでしょう。

以上の点に気を付けておけば、雨漏りが起こっても慌てる必要はありません。大切な家を守るためにも、雨が漏れ始めたら迅速に対処しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です