雨漏りがあれば修理業者に修繕依頼を

今の日本の住宅ではほとんど起こりませんが、雨漏りは修理費用も高く、複数個所を修繕しなくてはいけない場合、作業日程も相当長くなります。また、自分では修理しにくい事でもあります。雨漏りをするような屋根は、台風で飛来物が当たりひび割れたり、経年劣化で屋根全体が傷んでいるケースが多いです。また、地震で家や屋根が歪み、その歪みから雨が室内に漏れてしまう事もあります。

さらに、ベランダから雨漏りすることもあり、これはベランダの排水溝のつまりが原因になっている事がよくあります。屋根に原因があり雨が室内に漏れている場合、修理のためには、経験を積み、技能を持った人材や、特殊な器具や機械が必要になります。そのため、素人で修理することは難しいものです。雨が実際に漏れている個所を判定するのにも、経験と技術がいるため、修理業者に依頼する方法が最適です。

また、修理費用は屋根の状態によって大きく違い、修理が小規模なら数万円で済むこともありますが、屋根全体が劣化しており、大規模な修理が必要な場合、200万円以上必要になることもあります。雨漏り箇所の点検だけなら、非常に安価か、もしくは無料で行ってくれる業者もあるので、定期的に点検に来てもらうのも良いでしょう。雨漏りは滅多に起こるものではありませんが、一度なると自然に修繕されていくというものではありません。雨の日に天井や床が濡れていたら業者に来てもらい、修繕箇所が少ないうちに修理を依頼しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です