雨漏りが起こる原因について

雨漏りが発生したときは迅速な対応が必要ですが、その原因知っておく必要もあります。原因が分からなかったり自分での修理が難しい、何度修理しても雨漏りが治らないというような場合はプロの業者に依頼することがおすすめです。一般的に雨漏りの原因は3つに分類できると言われており、1つめは経年劣化によるものです。最も多い原因の1つであり、建物が老朽化することで雨どいが詰まったり瓦がずれることで発生すると考えられています。

放っておくと瓦まで落下する可能性があり危険なため、早急に対応することが必要となります。このとき屋根だけでなく、耐用年数が8~10年と言われている外壁も合わせて確認しましょう。小さなヒビが入っている場合は注意が必要なため、なるべく定期的にメンテナンスするようにしましょう。2つめの原因は施工不良によるものです。

新築の建物であるにも関わらず、数年で雨漏りが発生するようなときは施工不良の可能性が高くなります。屋根だけでなく、壁やベランダのヒビが原因となる場合があります。また、新築だけでなくリフォーム時に悪徳業者に当たり、それが原因で発生する場合があるため業者に依頼するときはあらかじめ施工実績をよく確認するようにしましょう。3つめは災害によるものです。

台風や地震といった災害で建物の劣化が早める場合があります。被害を少しでも軽くするためにも、定期的な家のメンテナンスが重要となります。災害はいつ起こるか分からないため、定期的なメンテナンスをしっかり行なうように心がけましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です